FM TOWNS アプリケーション・カタログ '89.12
0

[6]. FM TOWNS・アプリケーション・カタログ ‘89.12

今回取り上げるのは、FM TOWNS・アプリケーション・カタログ ‘89.12

FM TOWNSは、CD-ROMを標準搭載したパソコンで、CD-ROMの大容量を前面に押し出したそのソフトウェアのラインナップは、近未来を予感させるものがありました。

FM TOWNS

目次

FM TOWNSは、前面に目玉のように配置されたCD-ROMドライブが印象的なデザインでした。

CPUは初代機から32ビットの80386で、基本はMS-DOSマシンでありながら、32ビットを前提としたソフトウェア開発が可能でした。

ハードディスクの容量が数十MBの時代に、CD-ROM540MBという容量は、それだけで夢があります。

本体、ディスプレイ、マウス、ゲームパッド(TOWNSパッドも標準添付)がグレーで統一されているのが、カタログ映えするデザインだな~、と思います。

G5

G5

カタログを眺めてて、まず目に付いたのが、G5というソフト。

「ハイパーワープロ」とあって、ワープロをベースに、いろんな機能が付いた統合ソフト、とのことです。

画面写真に見える手書き風フォント、今ではフリーの手書き風フォントも簡単に手に入ったりしますが、ビジネスライクな画面が主流の当時としては、新鮮で夢のある画面です。

Habitat

Habitat

Habitatというのは、アバターを使った通信ソフトです。

詳しくは知りませんが、顔を交換したり、とかできたようです。

当時の通信環境で本格的に使うのは(料金が)なかなか大変だったと思いますが、近未来のコミュニケーションといった趣で、夢のある世界です。

C-TRACE

C-TRACE

このステゴサウルスの雑誌広告が印象的だったC-TRACE

レイトレーシング方式の3Dソフトです。

PC-98版、X68000版、FM TOWNS版とそれぞれ出ていて、さらに専用のトランスピュータボードなるものも出ていました(トランスピュータボードは、PC-98とX68000だけで、TOWNS版はなかったのかな?情報が見当たらないので)。

レイトレーシングというのは、計算にとても時間がかかっていました。1つの作品の計算に何日もかかる、という世界です。

そこで、トランスピュータという計算専用のプロセッサを拡張ボードの形でパソコンに取り付け、計算はそっちにさせて計算時間を短くしよう、というのがトランスピュータボード。

言ってみれば、パソコンの中にCG専用マシンをもう一台組み込むようなもので、実際、トランスピュータボードはパソコン本体よりも高価なぐらいでした。

今レイトレーシングをするなら、オープンソースのPOV-Rayとかあって、パソコンの性能も段違いなので、ずっと手軽に始めることができます。

Cコンパイラ

High C Compiler V1.4, 386 ASM TOOL KIT V1.1

CコンパイラとしてHigh C Compilerというソフトが載っていて、値段が4万円となっています。

これ自体は、当時としては割と普通の価格なのですが、別にMS-DOS 3.1(L24)と、横に載ってるアセンブラが必須となっています。

そのアセンブラの値段が8万円。…これはさすがに、当時としても高いですね。

FM TOWNSでC言語プログラミングをしようとした人にとっては、かなりハードルが高かったことと思います。

教育

ハイパー絵本

FM TOWNSには、教育ソフトがやたらとたくさんラインナップされています。

後ろの一覧表には、「中学3年 数学 二次方程式」「中学3年 数学 多項式の乗法」みたいな感じで、細分化されて多数のソフトウェアが載っています。

当時、教育分野への売り込みも盛んに行われていたのでしょうね。

どういうところでどれぐらい使われていたのか、具体例を知りたいところです。

ゲーム

ゲーム

ゲームは、CD-ROMの大容量とグラフィック性能、PCMサウンド機能を活かして、画像や音声をふんだんに使ったものもあったようです。

ただまあ、開発する側としては、他機種への移植を考えるとX68000やFM TOWNSなどの特殊なハードウェアに依存したゲーム作りは、リスキーだったでしょうね。限られた小さい市場でしたから。

広辞苑

広辞苑CD-ROM

CD-ROMの大容量を活かすものといったら、やはり辞書が挙げられます。

「辞書の内容が丸ごと入って、さらに鳥の鳴き声まで収録されてます」という感じで、大容量がアピールされていました。

これもまた、近未来を感じさせる世界でありました。

おわりに

今の技術だと簡単に実現できる世界ではありますが、近未来の夢を感じさせるカタログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です